Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshandpit.blog118.fc2.com/tb.php/303-64858695

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

惰性のたまもの。

外に出て「さーバイトを探しに行くぞ」と思い立ち自転車を動かして数秒後、持っていた傘が車輪に巻き込まれ前輪のタイヤの泥よけが折れ曲がった状態に。でも時間がある時の久しいアクシデントだったので特に絶望せずはずしたりの処理は出来たと思う。何故か新鮮だった。

以前、といっても中学~高校にかけてだと思う、映画等のサントラの意味がわからなかった。というか歌の入っていない曲の意味がわからなかった。「人が作る曲は唯一人間と認識できる声があって成り立つのに、どうしてそれをいれないのか?」疑問点としてのそれ。そしたらぎゃんぎゃん叫んでばかりの曲はどーなっちゃうのと今更ながらに思う。完全に歌ってないじゃん。そしたらそもそも歌うっつー行為が漠然としている部分があるからなんとも言えないことにもなる。表現って言えばそれはそれでうまく当てはまるのかもしれないけども。

今なって考えてみて、音だけで世界観を作り出すというのはとても難しいなと思った。そのメロディによって場面の空気が一変してしまう可能性があるし、何より全体のイメージを崩してはいけないし。声が入っていないということによって歌とは違う優しい音色になるんじゃないのかとも思う。インストの曲ばかりを聞きながら考えた惰性です。

何が言いたいのか、何がしたいのか、何が欲しいのか。結局いつも迷ってばかりだ。狭い背中に秋の空気の暖かさがにじむと思うのです。

PS:真心ブラザーズいいなぁ…。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshandpit.blog118.fc2.com/tb.php/303-64858695

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ko-ki

Author:ko-ki
確かにあの時寝ていた。

・所属・
Fredelica-Gt

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。