Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshandpit.blog118.fc2.com/tb.php/343-94faf222

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

後の美談。

自分の過去の日記を見る。日を追って遡っていくとよくわからないけど、いきなり飛ばして見るとその差に愕然とする。このブログを例えにするなら「なんでこんなにwwwが多いんだよ…」とツッコミたくなる。今思えばとにかく覚えたてなので使いたかったのかもしれない。あとやたら上から目線。こちらも「評論家か、お前は」とツッコミたくなる。今でもその節はあるけど。昔よりは変わったみたいです。
それで思い出したことが一つ。6月4日にnoyとHalfway Thereの共同企画にFredelicaが出させてもらった際、打ち上げでnoyのDrの石川くんと話した。実は高校の頃、コピバンでライブした際に1回会っていて面識はあった。ただ2回くらい対バンしても全く話さず、「時間も経っているから仕方ないか」とも思ったけど、その日話したら覚えてくれていたみたい。「忘れたかと思ったよー」と話したら、「前より暗くなっていてわからなかった」と言われました。昔よりは変わったみたいだけど、今日も僕は元気です。

電車で居眠りしていて目的地に着いて降りてから少しすると、何故かいつも何かを忘れたような気分になる。家に鍵掛けたかなとなる不安な感覚に似ていて少し違う。寝起きだからってのもあるけまだ夢を見ているようなフワフワした心持ち。次の瞬間、ハッとして後悔はするんだけど。実際に何かを忘れた時はすごい良い気分で起きれて、何かを忘れたっていう実感が全くない。んで次の瞬間、もっと後悔する。もしかしたら寝て起きた時の不安な感覚は電車じゃなくても起こるのかなとも思う。バスとか車とか、特に公のもの。自分の安心できるスペースがない場所とか。特にこの雑感にはオチはないのだけれどこう思う感覚を書いてみようと思ったわけで。要は外って安心できないねと思ったんですよ。

office voidsの音源がかっこいいと思うこの頃。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshandpit.blog118.fc2.com/tb.php/343-94faf222

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ko-ki

Author:ko-ki
確かにあの時寝ていた。

・所属・
Fredelica-Gt

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。