Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshandpit.blog118.fc2.com/tb.php/377-4f162105

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

空いた腹。

思えば、いつもお腹を空かせていた。


学生のときに、お金はある程度持っていた。けどそれを音源やライブに行くことに使っていた。文字通り身を削ったお金で、得たものは素晴らしい時もあり、またつまらない時もあった。昼飯を削り、楽しみにしていたCDを買う。それはそれでとても生きる糧になっていた。それと同時に人と付き合うことも出来なくなっていた。たった500円、削ってしまっただけで、友達になるきっかけを逃した。昼飯を一緒に食べるだけなのに、それすらも拒んでいた。そうしているうちに段々と人と付き合うと金がかかる、かかったお金を音源に費やせば良かったと、一度や二度の失敗で確定させてしまっていた。


そうやって人が、面倒になった。


俺を癒してくれるのは、同じ趣味を共有し、同じことばを話したくれている人たちだけだと思った。新しく友人を作るのは面倒で、変に気を使うだけだと。学校の同級生は仲良くなり、一緒に遊びに行っていた。当時はバカの集まりみたいに思えて、好きではなかった。それに何より俺には趣味があると、そう決めつけていた。本当は距離を縮めることは簡単に出来たはずだったのに。俺の趣味は俺を孤独にさせ、俺にいつも空腹を提供した。水でお腹をいっぱいにして、夕飯までもたす。ご飯を持って行くことを考えもせずに、ひもじい思いをしていた。


趣味に没頭し過ぎて、失ったものはどれくらいあったんだろう?


例えばこの音源は金で買えるが、俺の友達との思い出は金で買えない。残念ながらまだタイムマシンは開発されていないから、過去に戻って清算することも出来ない。お腹が空いたねと言い合える人は俺の隣にいたんだろうか。ひもじい思いをして手に入れたものと逆に、何を捨てていったんだろうか。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshandpit.blog118.fc2.com/tb.php/377-4f162105

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ko-ki

Author:ko-ki
確かにあの時寝ていた。

・所属・
Fredelica-Gt

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。