Entries

ロウワースタンダード。

ブログ書いてなかった…。
2ヶ月も書いてなかった…。

最近走るのと筋トレを始めました。
自分でもビックリしてる。
あんなに運動が嫌いだった自分がだよ。
むしろ今楽しい。
最近の趣味ランニングって付けられるくらい楽しい。
帰り道に今日は何処走ろうかとか考えてる。
健全なパンクスになりました。


ギターのストラップが切れそうだ。

17歳の頃に買ったストラップ。
初めて買ったギター、
ストラトキャスターに合わせて思い切って買った。
今やもうボロボロだ。
初めて学祭に出た時も、
ブッキングライブに出た時も、
バンドで企画をやった時も、
ツアーを周った時も、
このストラップだった。

もう10年も前のものなんだよな。
このブログでも今だに、
この音楽がかっけーだの、
最近このライブが良かっただの、
高校生の頃と
何も変わらない話をしている。
そういう話が楽しくて好きだ。
変わんなくていいでしょうよ。

ゴールデンウィック

土曜のこと。
control企画を見に行った。
場所は新宿のヒルバレースタジオ。
札幌からはDon Karnageが来るし、
京都からはExcuse to travelも来るし、
何よりshipyardsが出る。
サイコーに間違いない。

新宿に着いてからは、
ドクターペッパーを片手にライブ会場まで。
週3で飲んでる気がする。
もはや中毒かもしれん。

札幌振りのドンカネは、
新曲も含めてサイコーだった。
北海道特有のあのヒリヒリした空気感。
the carnival of dark splitとか
ゼアイズが持ってた90年代の色。
また東京で見たいな。

シプヤズでは、
大合唱しまくってた記憶しかない。
みんなで歌えるっていいよね。

controlのナンジョウくんと
後で話したけど、
このブログを読んでくれているらしい。
読むのは周りのバンド友だちくらいかなと
思ってたけど、色々なところで
見ている人がいるんだなと実感。
不定期だけど、更新し続けよう。

ブルー、そしてブルー。

もう春なんだな。

スーツに巻き付けたマフラーが
暑いくらいに感じて、そんな風に実感した。
会社を出ると冷たい空気はなくなっていて、
暖かい空気で満たされてた。
駅に向かう人の足取りも
何処か軽く見えるし、
コートを着てない人もちらほら見える。
そういや、今朝の電車に着物姿の女の子も
乗っていたっけ。
親もいたし、卒業式かな。
誰だか知らねーけど、卒業おめでとう。
頑張ったね。

電車に乗って月曜に大量に借りてきた
CDを聞いて帰る。
恥ずかしながら王道ってのを聞いてこなかったので、
J-POPとか聞くとすごく新鮮だ。
ワクワクする。
借りてきたのはシンディローパー、
ELT、Do As Infinity、星野源、スキャットマン。
今はシンディローパーがイヤホンから流れてる。
改めて聞くとかっこいい。

何でシンディローパーを借りようと
思ったんだっけ?
そうそう。
あれは高松にツアーで行った時だ。
明石海峡と鳴門海峡を渡って、
朝の11時くらいに高松駅からかなり離れた
屋島健康ランドってスーパー銭湯に着いたっけ。
アミューズメントパークかって
思うくらいの広さで、
疲れてたのにはしゃいで入ったんだっけ。
上がって少し休憩しようかって時に、
店内放送でシンディローパーが流れててさ。
かっけーって。
それでずっと頭に残ってるんだよな。
高松も楽しかったな。

そんなツアーも明後日で終わりです。
レコ発も含めると全12箇所。
半年間、めっちゃくちゃ濃厚でした。
秋に始まったツアーも、春ですよもう。
きっかけがなかったら行かないような
場所とかも行けて嬉しかった。
何より企画してくれたバンドに感謝です。
昔からだけど、
お祭りは終わって少ししてからが
一番名残惜しいと思ってしまう。

まずは土曜で一区切り。
けど終わりじゃなくて、
ここから始まりだって。

あー、シンディローパーかっけー。

2回目。

自分を壊していく作業って必要だなと。

自分では色んなことを考えてるのに、
うまくことばに言えない時って
あるじゃないですか。

人との会話が上手くいかないのを
相談したりすると、
普通にすればいいんだよって、
よくわからんないアドバイス貰う時とか
あるじゃないですか。

言おうと思って口に出しても、
緊張して噛んでしまったり、
結局言いたいことがまとまらないことってあるじゃないですか。

どう思う?って言われて、
変な人って思われたくないから、
答えるまでの時間が長くなってしまったり、
話の広がらない答え方をしちゃって、
気まずい時ってあるじゃないですか。

前に自分の発言で
気まずい空気を作ってしまって、
それが怖くなって、
自分の意見が上手く言えない時って
あるじゃないですか。

緊張しちゃいけないって思う度に
うまく声が出なくて、
出さなきゃダメな人って思われるって
考えてしまって、
余計に頭が真っ白になっちゃう時って
あるじゃないですか。

失敗は怖いって、いくつになっても思う。
わかってる。
けどうまく表せない。
頭ではわかっているのに。
うまくことばに出来ない。

それでも頑張って、
社会に溶け込もうとしている。
必死に普通になろうと
努力している。
今までの自分を壊すのは
正直根気のいる作業だけど、
そういう悔しさって
一番人間くさいんじゃないのかな。

俺はそういう人が好きだな。

ブルージー。

日比谷線。
通勤路線であり、
プライベートでもよく使う路線だ。
平日や休日の帰り道、
特に22時を越えるとよく車内が臭う。
加齢臭やらお酒の臭いやら
タバコの臭いやら香水の臭い
が混じった、ハイブリッドな臭いだ。
この臭いを嗅ぐと、
「嫌な臭いだなあ」と
思う反面、
懐かしい臭いだなとも思う。

4歳の頃の話だ。
毎週土曜日になると
親父が大手町の空手の道場まで
稽古のため、足を運んでいた。
そして何故か連れて行かれていた。
理由は、稽古を見たい!と言ったのだという。
記憶にないんだけども…。

ともかく毎週のように道場に行った。
そして、稽古に参加する訳でもなく
隅っこで一人で遊んでいた。
稽古が終わるのは20時くらい。
そこから駅前で飲んだりするので、
結局帰るのは家に着くのは22時くらいだった。
帰りの電車では、
いつもあの臭いが車内に立ち込めていた。
子どもだった僕はすごく不快に感じた。
こんな時間まで乗っているこの人たちって、
一体何が楽しいんだろう?と
子どもながらに思った。
そして車内の臭いを嫌った。

あれから22年経った今、
僕はその嫌だった臭いを作り出す
大人になっている。
タバコは吸わないが、
ライブハウスに行けば服に臭いは着くし、
加齢臭だってこれから出てくるだろう。
けど電車であの臭いを嗅ぐと、
少し懐かしい気持ちに戻るし、
落ち着いた気持ちになれる。

そうやってこれからも
生活は続いていく。

巻き返しはこれからだよ。
こんなもんかよ、ちくしょう。

Appendix

プロフィール

ko-ki

Author:ko-ki
確かにあの時寝ていた。

・所属・
Fredelica-Gt

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索